覚える必要

「だってあの時だって、俺が君に迷惑をかけて・・・」
と、話しはじめた彼の言葉を遮るように
「そんな話覚えてないよ」と笑いました。
彼は途中でふうーっとため息をついて「この話は終わりだね」と言います。
私はそうして彼の話を遮っていました。
何も、無差別に遮っていたわけではありません(笑)
ナイーブな彼は、自分に自信を少しでも失っていたり
私に迷惑を掛けているなんて思い込んでしまうと、次々と過去のことを思い出して
「あの時はこうだった」
と言い始めるのです。
詳細に及んでまで記憶しているのは、自分のことだからなのでしょうか?
しかし、私は正直そこまでキチンと覚えていないんです(苦笑)
それは、私にとって軽い出来事だったという意味ではなく
「覚える必要が無い」
と認識しているからでした。
彼との恋愛関係の中で、迷惑を掛けられても何とも思いませんでした。
私だって掛けることはありますし。
そして、1度許したり受け止めたものならば「それ以上は何も言わない」というのがルールだとも思いましたし
何事も無かった・・・すなわち覚える必要性も無いというわけです。
彼は「いつもありがとう」と何時からか前向きな言葉で私に気持ちを投げてくれるようになり
私たちの関係もヨリ一層明るいものになっていきました。

最近のコメント

    お知らせ

    ここはバナー領域です

    Copyright© 2010 セックスフレンドを見つけよう All Rights Reserved.